八子 知礼先生に「人類と人工知能」の授業内で、IoTについてご講演をしていただきました。八子先生は、(株)ウフル チーフ・イノべーション・オフィサーに勤められています。そして、(株)INDUSTARIAL-X/とNDUSTARIAL-XSECURITYを起業され、 代表取締役を勤められています。講演内容と学んだことを紹介します。

・データサイエンスの将来性
世の中には、数多くのデータがあります。身近なものでいえば、SNSでしょう。世界中のデータは世界で5%しか使われてないというお話がありました。その理由は、新しいビジネスモデルを考えられてないことや上手にデータを扱えてないことです。データの生成の仕方、システムモデルの作成、データの分析、データの活用を把握し、新しいビジネスモデルを実装することが求めれれています。

今、私たちは未来創造PJでデータを分析し新たに価値を創造する試みをしてます。次回は未来創造PJで学生が取り組んでる内容を紹介したいと思います。お楽しみに!みなさんも武蔵野大学データサイエンス学部で一緒に学び、データを上手に活用しビジネスを創造しましょう!

※IoTとは
loTとは、一般的にInternet of Thingsの略でモノのインターネットと訳されています。さまざまなモノゴトがインターネットにつながってデータがやり取りされることで、自動的に様々なモノゴトが処理されるようになります。

Tags

No responses yet

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です