1.少人数教育
学生間の距離はもちろん、学生と教員の距離が近いのが特徴です。授業内では質問がしやすく、その場で解決できます。授業外でもSlackを用いて、学生の主体的な学びをサポートしてくれます。

2.未来創造プロジェクト
未来創造プロジェクトは、学生の研究目的に即して4つのPJに別れて現在活動してます。1年生の後期から始まります。早い段階で、学生自身が興味のあることを研究できる授業です。授業外も主体的に勉強し、完成度を高めています。

3.グループ制
学部授業では、10班に別れて活動しています。班員と協力することによって、互いに高め合える環境です。グループ課題は、授業外に自主的に集まって行うこともあります。

4.アクティブラーニング
学部授業ではアクティブアーニングを導入しています。受動的な座学ではなく、学生自身が思考したり、学生同士や教員と生徒のディスカションを行うことによって、能動的に学ぶことができるような授業です。そのため、以下の写真のような机のレイアウトになってます。

以上が学生目線での武蔵野大学データサイエンス学部の特徴となります!
他の記事もぜひご覧ください!

なぜ武蔵野大学のデータサイエンスを志望したのか
http://stu-muds.io/blog/reasons/

文系から武蔵野大学を志望した理由
http://stu-muds.io/blog/humanities

Category
Tags

No responses yet

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です