2019/10/17に東京・丸の内で行われた「一般社団法人データサイエンティスト協会 6thシンポジウム〜実務者が集うデータサイエンスの最前線〜」に参加してきました。計15の講演を拝聴し、社会におけるデータサイエンス界隈の現状や展望を学び、マーケティング・スポーツ・医療・農業・海事など様々な分野でのデータ利活用についての知見を得ることができました。

DX(※1)時代に対応するため各企業、協会でデジタルやデータに関連する人材育成や事業におけるデジタル領域の拡大に注力している
→精通する人材のニーズが非常に高い
・人の行動や感性、文脈によってメディアを動的に変化させることができればこれまでにないサービス・コンテンツを生み出せる
→デジタル化によって、これまでにないビジネスが確立する
・新しい見方が新しい世界を生む
創造性が求められる
・必要なデータが組織の壁、企業の壁によって共有されていなかったりする
→データに対する共通認識を測る必要がある
=データに精通する人材が組織や企業間の架け橋になる

社会における最新動向や知見を得るために、学生が積極的に外部イベントに参加しています。

*1
DX: デジタルトランスフォーメーション
デジタル技術を社会に浸透させることで、既存の価値観や枠組みを根底から覆すようなイノベーションを起こすこと

Category
Tags

No responses yet

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です