武蔵野大学 データサイエンス学部 データサイエンス学科
Musashino University Data Science(MUDS)
2019年4月開設

MUDSの特徴は、学生が主体的・自律的に学んでいること、すべての学科科目をグループワーク形式で受講していることです。授業中だけでなく、空きコマもグループで集まり、授業の課題に取り組んでいます。このような取り組みにより、学生間でお互いを高めることができ、日々『成長』していることを実感してます。また、1年次後期から始まる未来創造プロジェクトでは、早い段階から企業・団体と連携し、実践的に学べます。

Daily Snaps

学生の日常
MUDS1期生が4月に入学してから早くも1年間が経過します。この1年間は、MUDS1期生にと […]
MUDSの魅力は早期段階で社会人の方と交流が可能なこと!なぜ、このような環境が魅力的なのでし […]
「未来創造プロジェクト 学生成果発表会」が行われました。未来創造プロジェクトは、1年生の後期 […]
MUDS学生(1年生)が国際会議LT4allで研究発表をしました! ・発表内容視力検査を行う […]
冬コミでRPGゲームを頒布した学生に参加した生徒にインタビューしました。 ・作品内容冬コミで […]
2019/10/17に東京・丸の内で行われた「一般社団法人データサイエンティスト協会 6th […]
1.少人数教育学生間の距離はもちろん、学生と教員の距離が近いのが特徴です。授業内では質問がし […]
データサイエンスは理系の学問だとみなさん思っていませんか?確かに、データサイエンスには数学や […]
八子 知礼先生に「人類と人工知能」の授業内で、IoTについてご講演をしていただきました。八子 […]
なぜ武蔵野大学データサイエンス学部を選んだのか 学生に学部に関するインタビューしました。 ・ […]
TeckBowl主催のハッカソン「Hack Bowl」に学生4人で参加してきました。 4人と […]
学科授業の「人類と人工知能」で、後藤真理絵さんにご講演をしていただきました。後藤さんはYah […]

Deliverables

学生が授業で制作した成果物
3月6日に情報処理学会第82回全国大会において研究発表をおこなった学生の研究内容と共にMUD […]
「未来創造プロジェクト 学生成果発表会」において企業賞を受賞した”BCI(=Brain co […]
 MUDSの1学年後期に開講されている「人類と人工知能」において、オープンデータ(*1)から […]
micro:bit(※1)の加速度センサーの値を用いることによって、micro:bitとPC […]
前回の投稿もぜひご覧ください! http://stu-muds.io/blog/java

Contact